ソリューション

Stresstechソリューションでは、機械加工または熱処理過程の間に材質性状が変化した場合も、製造品質を改善し、管理することができます。

お手伝いできること

Crankshaft failure in diesel generator

なぜ残留応力を測定する必要があるのですか?

機械加工,溶接,ショットピーニング,熱処理および研削のような製造過程では,残留応力が生じます。残留応力は大きさや分布などそれらの状態によって有益にも不利益にもなりえます。

構成部品(部材)の耐久性のためには残留応力の悪影響を回避し,好条件の応力に導くことが不可欠です。残留応力測定は製品開発と品質管理に適用できます。

続きを読む

Wind mill gear failure

なぜ熱処理結果を確認する必要があるのですか?

熱処理は、構成要素の製作過程内で起こります。熱処理が失敗した場合、前後のプロセスがすべて台無しになります。

熱処理の成功は、視覚的に確認することができません。Stresstech溶体化熱処理で、保持されたオーステナイト成分のような欠陥を、非破壊的に検知することができます。

続きを読む

Car engine camshaft failure

なぜ研削焼けを検知する必要があるのですか?

研削後の表面には、たとえ良い状態に見えても、不可視の損傷が発生していることがあります。発見できない場合、エンド・ユーザーにとって重大な問題に結びつく場合があります。研削プロセスには研削品質に関する多くのパラメーターがあります。

研削焼けを見逃した場合の影響:
  • 生産ラインの内部不良
    • 追加費用:再加工、スクラップ
  • 外部不良
    • 保証の申し立て
    • ブランド価値毀損

続きを読む