Non-destructive grinding burn and heat treatment detection with Barkhausen noise

測定サービス

Stresstechではお客様のラボや現場での測定サービスを提供しております。

SStresstechは残留応力および残留オーステナイト測定について、品質管理の上で信頼できる確かなデータを提供することができます。

測定サービスはこんな時に最適です。:

  • 新設備購入前の検証試験
  • データの信頼性検証
  • 研究開発のサポート

私たち測定のスペシャリストがお客様のニーズに沿った評価を行います

包括的な測定データをわかりやすい報告書の形で提供します:

  • 詳しい計算値と分かりやすいグラフ、チャート
  • サンプルのプロフィールと測定値の詳細
  • 測定に使用された機器、パラメータに関する情報

Stresstechでは、X線回折、バルクハウゼンノイズ測定およびESPIホール穿孔法を使用した測定サービスをご提供できます。

  • X線回折は、結晶性材料中の残留応力および残留オーステナイト測定や、鋼中の残留オーステナイト成分測定に使用されます。ラボや工場、現場でも、X線回折装置はすべての形状、サイズおよび組成に応じて適用できます
  • バルクハウゼンノイズ測定 は、強磁性体の研削焼け検出あるいは熱処理不良の検知に使用されます
  • ESPIホール穿孔は、電子スペックル・パターン干渉計を使用して、残留応力を測定します。この方法は規則的な表面変位を決定します。残留応力プロファイルは部品性能や耐用年数を決定する信頼性の高い解析手法です。代表的な用途として、表面処理の分析、溶接、機械加工応力などがあります。

認証済み測定

私たちの測定サービスはすべて、X線回折による残留応力および残留オーステナイト測定についてISO/IEC 17025による認証を受けています。より多くの情報は下記のリンクをご参照ください

Stresstech Oy measurement service certification

American Stress Technologies measurement service certification

Stresstech GmbH measurement service certification

私たちの測定サービスは以下のアプリケーション標準に従います:

  • EN 15305:2008「非破壊試験。X線回折による残留応力解析の試験法。」
  • ASTM E2860 - 12「軸受鋼のX線回折による残留応力測定のための標準試験法。」
  • ASTM E1426 - 14 「X線解析法を用いた残留応力測定で使用されるX線弾性定数を決定する標準試験法。」.
  • ASTM E975 – 03「ランダムに近い結晶配向の鉄鋼中の残留オーステナイトのX線測定の標準規格。」