Automated Barkhausen noise system for measuring gears

バルクハウゼン雑音分析法システム

研削焼けおよび熱処理欠陥テストの非破壊(NDT)測定ソリューション

バルクハウゼンノイズ分析法を研削焼けおよび熱処理欠陥検知に使用することにより、製作過程を最適化し、コンポーネントで最も高い品質を達成できます。

バルクハウゼン雑音測定システムの主な特徴:

  • Rollscan信号アナライザー
  • バルクハウゼン雑音センサー
  • • データ収集と解析用のViewScan または MicroScanソフトウェア
  • • インライン/ロボット, 自動または半自動構成部品ハンドリングシステム

私たちは次の通りのオートメーション・レベルの広範囲な鉄鋼構成部品にバルクハウゼン雑音検査システムを供給します:

Inline/robot
Automated
Semi-automated

アプリケーション

多くの製作プロセスが、応力および(または)バルクハウゼン雑音分析装置で容易に分析できる微細構造の変化を含んでいます。例えば:

  • • 機械加工 - 研削、回転、ミーリング
  • • コールドワーク - ショット・ピーニング、レーザーピーニング、自動装箍
  • • 表面焼入 - 浸炭および窒化、高周波焼入れ

クリープや金属疲労のような様々な動的過程も応力と微細構造の変化を含んでおり、バルクハウゼン雑音分析装置でモニターすることができます。

Barkhausen noise applications